FGF23関連低リン血症性くる病の相談シート

症状を正確に伝えることは、医師の診断に役立ちます。症状をチェックして、このシートを医師に見てもらいましょう。

①気になる症状をチェック

気になる症状をチェックしてみてください。

②過去の血液検査の状況を入力

以前にかかりつけ医などで血液検査を受けたことがあれば、その状況も医師に伝えましょう。まだ、血液検査を受けたことがなければ、まずは、近隣の医療機関を受診して、血中のリンとアルカリホスフォターゼを調べてもらいましょう。

過去の検査年月
検査当時の年齢
リン mg/dL
アルカリホスファターゼ IU/L

血中のリンの参考値

この値より低ければ、FGF23関連低リン血症性くる病・ 骨軟化症の可能性があります。

1歳未満 4.5mg/dL
1歳から小児期 4.0mg/dL
思春期以降 3.5mg/dL

血中のアルカリホスフォターゼの参考値

この値より高ければ、FGF23関連低リン血症性くる病・ 骨軟化症の可能性があります。

1歳未満 1200IU/L以上
1歳から小児期 1000IU/L以上
思春期以降 1200IU/L以上

難病情報センターHP(https://www.nanbyou.or.jp/entry/4559、2020年3月現在)を基に作成

相談シートの使い方

  1. ①気になる症状」をチェックしてみましょう。
  2. ①でチェックがついた方のなかで
  3. 記入した相談シートを持参して、専門の医療機関を受診することをお勧めします。
    ※当サイト内で「」を紹介しています。

患者さんから相談を受けた先生方へ

くるこつ広場(https://www.kurukotsu.com/)ではFGF23関連低リン血症性くる病・骨軟化症に関する様々な情報を掲載しておりますので、ぜひご覧ください。

くるこつ広場のQRコード

この記事の監修ドクター

長谷川 行洋先生

長谷川 行洋先生

  • 東京都立小児総合医療センター
  • 内分泌・代謝科 部長